モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.4-3

2014.11.23 (Sun)
空飛ぶ獅子に乗って異変を感じた小島の上まで来た小狼達
島には海と繋がった洞窟がある

「あそこだ」
「洞窟なの?」
「あそこが一番気配が強い」
小狼とモコナのやりとりに黒鋼が
「何のだ」
「・・・強いていうなら 『滅したもの』の」
「それって死んでるってこと・・・?」
怯えるモコナを尻目に黒鋼が言い放つ
「行きゃあ分かるだろ」

「・・・そうだな 行こう」
そう言うと小狼達は、獅子に乗ったまま洞窟へと入っていく

洞窟に入ると突然強烈な気配を感じる小狼
するといきなり乗っていた獅子が消滅する
「!?」
洞窟の中にまで繋がった海に落ちていく小狼達
「みんな・・・!」
小狼はファイ達の状態を気にするがそのまま海中に叩き落とされた

小狼が必死に海面へと浮上すると、ファイ、黒鋼と肩に乗ったモコナが海中から出てくる

黒鋼の「大丈夫か」という言葉に小狼が
「ああ」
そしてファイは
「うんー でも・・・」
一面の星空にモコナが
「何で夜になってるの!?」


次の瞬間突然海の中に引きずり込まれる小狼達
「!!」
小狼達はそれぞれに触手のようなものに捕らえられている
小狼がその触手の元を見ると
「なんだ これは!?」
海底にはいくつもの触手を持った巨大なイソギンチャクのようなバケモノがいた

バケモノは小狼達を触手で殴りつけ、捕えた触手を振り回して海底に叩きつけてくる

劣勢の中黒鋼は亡父の形見『銀竜』を手にする

触手に絡め取られながら黒鋼の会心の一太刀がバケモノに炸裂した



まぁ、ツバサの戦闘シーンは絵でみないと分からないよね。
相変わらず擬音だらけでわかりにくいからなあ。
というわけで、連載4回目終了です。


マガジンSPECIAL (スペシャル) 2014年 12/5号




電子書籍【BookLive!】
×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻

関連記事