モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.2-2

2014.09.21 (Sun)
小狼が目を開ける

暗闇の中、目を閉じたもう一人の小狼が立っている

「・・・小狼」
「小狼・・・!」
「小狼!!」
「小狼!」

小狼は呼びかけ続けるが、二人の間にある目に見えない壁に遮られ近づくことは出来ない


「小狼!」モコナに呼びかけられ目を覚ます小狼


「小狼 ずっと眠りながら『小狼』って呼んでたよ」

「夢で・・・会ったんだ ・・・『小狼』に」

「もうひとりの小狼?」

「・・・ああ」
写身小狼が消えていくのを四月一日と共に見送った情景を思い出す


「おはよう」と朝御飯の支度をしているファイに声をかける小狼
「あ おっはよー 小狼君 朝御飯にしても大丈夫?」
「すまない手伝わずに」

「だいじょうぶー 黒ぷー いるしー」
ファイの指差す先には、『もく もく』と働く黒鋼の姿
「あ 傘もさしてねー まぶしいから」
ファイの指示に黙って従う黒鋼

唖然とする小狼の頭に乗ってモコナは素直な黒鋼を珍しがっている
ファイと黒鋼が昨日の夜に賭けをした結果・・・
「オレ 勝ったから ほら」ファイが財布をつまんでいる
「みんなの お財布ー!」モコナが声を上げる
「そ お財布ないと お酒 飲めないからねー」ファイはひとの悪い笑みを浮かべている

とっさに「手伝う」という小狼に黒鋼は「いい さっさと顔 洗ってこい」と言う
そんな黒鋼にファイとモコナが
「お父さんに いっぱい働いてもらいましょー」「もらいましょー」


庭に用意した朝御飯の食卓を見てモコナが「おいしそー」
「昨日 サンユン君に貰ったスバ 茹でてみたよー」
「おいしい」「ねー」
『ぞぞぞぞぞ』とスバを啜り続ける黒鋼

「本当にニライカナイの御飯は美味しいよねー」と言いつつそのうちの一皿から離れようとするファイ
その一皿は『漬物』
「うめぇじゃないか 日本国のぬか漬けみたいで」
他の三人が『ぼりぼりぼりぼり』漬物を頬張るなか
ファイは「だめ~~ すっぱいの だめ~~~」ぷるぷる身を震わしている



今月号の分はあと1回ですね。
黒鋼とファイはどんな賭けをしたんでしょうね。多分にイカサマ臭いですが。

ファイが酸っぱいものを苦手だなんて・・・。


ツバサ コミック 全28巻 完結セット


×××HOLiC・戻(3)


電子書籍【BookLive!】
×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻

関連記事