モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.1-3

2014.08.22 (Fri)
「こんにちはー」
ニライカナイの住人サンユンがやってきた。
モコナが飛び出してお出迎え。

「なんかサンユン君の顔見てると和むねー」
サンユンの姿を見て、小狼達はそれぞれに『阪神共和国』や『ビッフル国』の斉藤正義を思い浮かべている。

「みなさん こんにちは」
縁側まで来て改めて挨拶するサンユンに、小狼達も挨拶を返している。
「いつも礼儀正しいねぇ サンユン君は」と言うファイに、サンユンは挨拶するのは当たり前だと言っている。
モコナはサンユンの肩に乗ったままで
「ここの人達 みんな挨拶してくれて 優しいね」

サンユンは、そんなモコナに礼を言いながら、ニライカナイは姫神様の力で平和だからだと言う。

小狼が「信心深い島なんだな」と言うと
「おかげで 気候も良くて 水害もほとんどないんです」
「みんな 姫神様に心から感謝して 毎日祈りを捧げています」

用件を思い出したサンユンが持ってきた籠を開けて、姫神様のお供え物を分けてもらったので持ってきたと言う。
小狼達が籠を覗き込むと『スバ』という麺が入っていた。
黒鋼が「蕎麦みたいなものか」と言うと、小狼は「色は中華麺に近いな」とガン見している。
ファイがそつなくサンユンに礼を言って、角煮をのっけて食べると言う。

サンユンがもう一つの用件を思い出して、今夜の姫神様の祭りに誘う。
小狼が「いいのか 外から来た者が行っても」と言うと「勿論です!」と即答。


その夜、小狼達は祭りの会場にいた。そこは沢山の屋台が並ぶ夏祭りのような雰囲気。
すると小狼の肩に乗っていたモコナが突然叫ぶ。
「お父さん買ってー!」
島の手伝いで貰ったお金があるんだから「買って 買ってー!」と耳をばたばたさせながら駄々をこねる。

そんなモコナに黒鋼が「何があるか分からねぇんだから 無駄使いすんな」と言いつつ自分は酒の屋台で「一杯くれ」。
そんな黒鋼にモコナとファイが「わー お父さん横暴ー!」と叫んでいる。

そこに『シャーン』と鈴の音が響いてきた。
周りの人達が口々に「姫神様だ!」と言いながら、灯りの入った玉を放っていく。
その玉が空中に漂う中、『シャーン』という鈴の音を響かせながら大きな輿が近づいてきた。

そこには、姫神様と思われる少女と二人の男。
モコナが思わず「きれい」と叫ぶ。
ファイは冷静に、「姫神様って偶像とかじゃなくて人間だったんだね」と見ている。

その時、小狼と姫神様の目が合い、小狼に姫神様の意思が伝わってきた。
「・・・待ってた」


え~初回はここまでですね。
やっぱり3回になっちゃいました。

サンユンの原点はレイアースの同名キャラですね。脇役の中ではやたら登場してますね。
姫神様は・・・ちょっと覚えのないキャラです。感じは『CLOVER』っぽい気がしますが。
そういえば『CLOVER』も未完なんですよねー。ホントにCLAMP作品は途中放置が多いです。

追記
情報いただきました。姫神様御一行は『GATE7』のキャラなんですね。読んでませんでした(^_^;)
ん~。でもやっぱり休載中なのね。


×××HOLiC・戻(3)


電子書籍【BookLive!】
×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻




中古本【ネットオフ】
ツバサ 全28巻セット

xxxHOLiC(ホリック) 1~19巻セット

関連記事