モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載第37回

2014.06.30 (Mon)
ここはおれのミセじゃないから

なら誰のミセか

侑子のだと思っていた

おれが店主代理をしている世界『外』で繋がった客が入れないから

でも侑子のミセでもない

だとしたら『誰のミセでもない』
むしろこの世界はいミセが存在しない次元
つくられたミセ

『彼』の願いを叶える為に


『彼』から旅先で困っていると相談があった

おれが店主代理をしている世界には必要な物がなかった
次元を渡って集める必要があったが、次元を渡るのは初めて


そこで、夢を通じて遥に相談した

次元を渡るのは難しいし、何度も出来ることではない

ならば夢で渡る

必要なものが揃うまで
夢から覚めないように、この世界から戻ってしまわないように、気持ちが揺らがないように
記憶を『隠した』


本当は自分一人で来るつもりだった
でも、百目鬼とひまわりちゃんは意識だけ「一緒」にここに来た
この世界で迷わないように
何かあった時に『彼』に知らせられるように

モコナはおいてきた
モコナがいたら『外』と自由に連絡がとれてしまい、隠した記憶を思い出してしまうかもしれないから

すごく心配してたけど・・・

そしてこの世界で生活してきた
アルバイトの高校生で
おれがいちばん幸せだった時
何より侑子さんがいた時


思い出したということは、必要な物が揃ったということ


貴方はこの次元の侑子なのか
そんなはずはない
『此処にいてほしい』と思うだけで止まった刻に留めてしまうほどの力を持った者が見逃すはずがない。

だとしたら


「貴方はおれが創りだした存在ですか」



全部思い出しましたね。
ほぼ想像通りでしたが、ひとつ時系列的に勘違いしていたかもしれませんね。
『戻』の舞台は『籠』の後だと思っていたのですが、どうやら『籠』の一時期のような気がします。。
百目鬼とひまわりの意識が一緒に来たということは、二人がまだ生きていた頃。
鳥が見えているということは、華押をつくった後。たぶんさくらの元に向かった旅での話ではないでしょうか?
更には、自分のことを店主代理と言っていますしね。

まぁ、あと僅かで終わってしまうので、その辺りも明らかになるでしょうけど。


ツバサの新連載開始も、xxxHOLiC・戻の第3巻も8月20日発売。こりゃもう残暑厳しいCLAMP祭りですね。

第3巻は、予約始まってます。
PB付き ×××HOLiC・戻(3)特装版

×××HOLiC・戻(2)



電子書籍【BookLive!】
×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
関連記事