モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載第30回

2014.03.24 (Mon)
季節は初秋。四月一日と百目鬼並んで下校中。

四月一日は、春の花もいいが、秋の花も落ち着いた感じでいい。
などと、言っていると『ぐう』。百目鬼の腹がなる。
腹から返事か!花より団子か!雅の心がないのか! 怒鳴り散らす四月一日。

その時、ひらりと花びらが落ちてくる。
驚いて見上げると満開の桜が、古いが立派な住居の庭に咲いている。
いくら異常気象といっても満開はと四月一日が思っていると。

「この子はね いつもこうやって咲くんですよ」
桜の木がある家から品のいいお婆さんが出てきた。
二人をお茶に誘うお婆さんに、四月一日は遠慮するが、
「美味しい上生菓子があるのよ」
「お邪魔します」百目鬼が即答。

お茶と菓子が出されるなり「頂きます」百目鬼が菓子に手を出し「うまいです」
呆れる四月一日も勧められて一口「美味しいです」

窓の外には季節外れの桜が咲いている。
四月一日の「この桜はいつも秋ごろに咲くんですか」という問いに
「いいえ この子はね ひとを待って咲くの」
「この子を 必要とする ひとが来る時に 咲くの」

四月一日達が来るのがわかっていて、咲いて待っていたという。

四月一日は、席を立ち窓を開けて桜の咲く縁側に出る。

桜の木に話しかける四月一日。
「待っててくれたのか 来るのを」
なぜここに来たのかおれには分からない。知ってたら教えて欲しい。

「おれは、何故『貴方』に遭ったのか」


今回のホリックはここまでです。


xxxHOLiC 戻 第2巻は、4月23日発売です。特装版の予約はお早めにどうぞ。
『xxxHOLiC・籠 あだゆめ』BD付き xxxHOLiC・戻(2)特装版


BookLive!

関連記事