モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載第26回

2014.02.17 (Mon)
校庭の芝生で、ひまわりと四月一日がいつものランチタイム。
ひまわりは、度々起きる四月一日の目眩と頭痛を心配している。

ひまわりが、食べていたデザートのプリンを置いて、四月一日の耳元に両手をあてる。
「・・・無理しないでね」
「四月一日君がしたいことを止められないのは分かってるけど」
「でも、無理な時は教えてね」
「百目鬼君には言えないことでも わたしに言えそうなら また電話してね」

四月一日は、ひまわりの手に触れながら
「有難う ひまわりちゃん」
「ひまわりちゃんといると いつも百目鬼が食い物目当てに邪魔するから 電話がいいね」

四月一日を見つめるひまわり。
いつもと違うひまわりの様子に戸惑う四月一日。

「忘れないで わたしは、それが何でも 四月一日君が決めた事を応援する」
「四月一日君がわたしに言ってくれたように 四月一日君に会えて本当に幸せだから」
そんなひまわりを愕然と見つめる四月一日。

そこへ何かの用で席を外していた百目鬼が戻ってくる。
百目鬼は芝生の上に敷いたシートに上がるなり
「めし」
「長年連れ添ってても即離婚されそうな横暴さだな、おい!」
憤慨する四月一日を無視して百目鬼は
「飯のあとプリンだ」
「当たり前だスカタン!プリンは食後だ!」
百目鬼に怒鳴りながらも弁当を差し出す四月一日を見て、ひまわりが笑っている。
「やっぱり、二人の夫婦漫才面白いねー」
「違うんだってば ひまわりちゃーん」


学校帰りに夕食の買い物をして、ミセに向かう四月一日と百目鬼。
四月一日は、百目鬼にいつものように怒鳴っている。

ミセの前に、女の子が一人立っているのを見つけて四月一日が声をかける。
ミセが視えているというその女の子に
「大丈夫だよ 視えているのなら 君は店に入れるという事だから」

新たな客を伴ってミセに入っていく四月一日をじっと見つめる百目鬼。


今回のホリックはここまでです。
やっぱりひまわりちゃんも、侑子さんや百目鬼と同じように、知っていながら四月一日の選択を見守っているようですね。
それに、「電話して」と言っているのをみると、4月1日 四月一日の誕生日にしか直接会えなくなった事も分かっているのかもしれません。

次回からは、新客の願いを叶えるストーリーでしょうね。


コミックス第2巻特装版の予約は3月5日締め切りみたいですね。
たぶん、それ以降も受け付けると思いますけど^_^;
4月23日発売『xxxHOLiC・籠 あだゆめ』BD付き xxxHOLiC・戻(2)特装版


BookLive!

関連記事