モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載22回目

2013.12.22 (Sun)
え~、ホリック再開です。前号は突然の休載で、今号は土曜日発売・・・不意打ち続きです。危うく買い逃がすところでした。


四月一日が「やらない方がいい」と言う3枚の百円玉交換。
「じゃあ、やらない」と笑顔を返すひまわりに、逆に自信をなくして「なんとなくだから」と言い訳をしてしまう四月一日。
そんな四月一日に笑顔で、「わたしのことを思って言ってくれるのだから」「いつも、ありがとう」と素直に感謝される。

百目鬼と一緒の下校中「3枚の百円玉」が、思いの外広がっていることを話題にする四月一日。

百目鬼の寺の前まで来た時、門から先日の「3枚の百円玉」を持っていたおばあさんが出てきます。
先日は、お参りもせずに出てしまったので、改めてお参りに来たのだという。

「3枚の百円玉」のあらましについて尋ねる四月一日。
見知らぬ人から突然「3枚の百円玉」を交換してくれと言われたのだという。
その人は、包帯だらけで目的を果たすと「あなたも早く交換しないと・・・」といったことを吐き捨てて、逃げるように去っていったらしい。
気味悪く思ってお賽銭にしてしまうため賽銭箱を探していたのだそうだ。

その話を聞いた四月一日は、「交換しなくて良かった。貴方のためにも・・・」。
おばあさんは携帯電話が鳴って去っていく。

百目鬼に話しの続きを尋ねられて四月一日は、「貴方のためにも、他の人のためにも。」と言い「呪いだから」と言い放つ。
何かスゴいことを求めた人達の思いが込められて「3枚の百円玉」が巡り続けている。それは、呪いだと断定する四月一日。



そんな感じで今回のホリックは終わりです。
最後の四月一日は、まさしく百歳超のベテラン魔術師の顔をしています。

×××HOLiC・戻(1)


電子書籍

関連記事