モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

『宇宙戦艦ヤマト2199』が始まりましたね

2013.04.08 (Mon)

宇宙戦艦ヤマト2199 1 [Blu-ray]

とうとうヤマトの放送が始まりました。
もちろん旧作「宇宙戦艦ヤマト」の完全リメーク作品です。
第一話を見て・・・いいねぇ~。丁寧に作ってます。原作の年代が古いのでいくらリメークしても古臭い感じは残っていますが期待してしまいます。

1974年に旧作が放送されたときは、当初視聴率が低迷していたために打ち切りになり、当初の予定ではイスカンダルから地球への帰還を描く予定だった後半部分が制作されなかった経緯がありました。あえて言うならば不完全版です。
今回のリメークで問題の後半部分がどういう扱いになるのかわかりませんが、是非40年前の当初予定に沿った形で制作して欲しいです。

監督は、「ラーゼフォン」の出渕裕!ラーゼフォンのファンとしては、期待大です。当初は監督にエヴァンゲリオンの庵野秀明を考えていたようですが、エヴァ新劇場版で手一杯の状況から出渕監督になったようですね。庵野版「宇宙戦艦ヤマト」というのも観てみたかった気がしますが、彼が監督をやったらカオスがカオスを呼ぶ複雑怪奇なものになったかもしれないので、これで良かったのかもしれません。ヤマトはストーリー的に目的がシンプルな作品ですからね。

声のキャスティングは、旧作の声優さんは大半の方が亡くなっているか、ご存命の方は超大物あるいは引退されてしまっているので総入れ替え状態ですが、かなりいいですねぇ。

権利問題で松本零士が何かと言いがかりに近い訴訟を起こしていましたし、旧作のプロデューサー西崎義展とも著作権でもめていましたので、正直言ってもうヤマトは出来ないと思っていました。今回の作品は亡くなった西崎義展原作ということのようですね。


1/1000 宇宙戦艦ヤマト2199