モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

カードキャプターさくら クリアカード編 第1巻出ました

2016.12.09 (Fri)
xxxHOLiC・戻が渋滞しまくっている中、『カードキャプターさくら クリアカード編』の第1巻が発売になっちゃいましたね。
というわけで、『カードキャプターさくら クリアカード編』の大雑把な流れなどまとめてみたいと思います。


中学生になったさくら。父や兄とは相変わらずの様子。
登校途中に、その日転校してきた小狼と久しぶりに出会い、ラブラブで歯の浮くような語らいとしっかり抱き合う二人をこれまた相変わらずの『さくらストーカー知世』にビデオ撮影されている。

エリオルとも連絡を取っているようで、夜になって電話で話をしている。相手はロンドンだから時差的には丁度いいご様子。
電話中に小狼との事をいじられたりして赤面のさくら。エリオルの話によると、さくらはどうやら『最近夢を見ない』らしい。
ちなみにエリオルと観月先生は同棲中であったりする。

電話を切ったさくらに桃矢が雪兎の買ってきたお土産を渡すと、大喜びで星の鍵と同じ場所に入れる。星の鍵をもう随分使っていない様だが、その方がいいと納得しているさくら。

その夜、夢の中で透明なカードに囲まる。カードに触れようとすると、フードを被った何者かが現れカードは砕けてしまう。

目覚めたさくらが自分のカードを確認すると、全て透明なカードに変わってしまっていた。雪兎の元に行きユエに相談するとカードから何の魔力も感じなくなっていた。星の鍵を封印解除することは出来るさくらの魔力に問題はない。

学校で小狼と知世に相談すると、小狼は夢に出てきたフードの人物が関係していると言い切る。イギリスにはメールで知らせてあるらしい。かたやカードキャプターさくら復活に胸ときめかす知世。ケロちゃんと知世はコスチューム制作に話が進み、さくらはいつもの『ほええええ』である。
さくらが行ってしまった後、小狼は知世にコスチュームの話をしたのはさくらを不安にさせない為の気遣いだったのではないかと言うと、小狼を信じているからと言われ変な力が入る。

夢の中で再びフードの人物と出会うさくら。フードの人物が放った大量の欠片が集まり鍵になる。
目覚めるとさくらの手の中には夢に出てきた鍵があった。
光りだした鍵が一条の光で窓の外を指し示すと街の空には、暗雲と共に竜のような姿があった。

鍵とともに竜に引き寄せられたさくらは、竜の頭にフードの人物が居るのを目にする。鍵を引き寄せようとする人物に抵抗するさくら。
ケロちゃんの声に再びベッドの上で目覚めるさくら。うなされていたらしい。だが、その手にはあの鍵があった。

登校中のさくらを、地面を裂きながらかまいたちの様な突風が襲う。
カードの魔力を失ったさくらを救ったのは、夢で手に入れたあの鍵だった。
さくらが封印解除を試すと鍵は杖に変わる。新たな杖を使うための呪文を唱えるさくら。
呪文に応じて結界が生じ、突風をカードに変える。

学校で小狼と知世にカードを見せるさくら。カードは透明な上に両面の絵柄があり、『疾風 GALE』とある。
真剣な表情のさくらと小狼。一方知世はビデオ撮影出来なかった事を嘆く。
小狼もカードと鍵を調べるが、さくらの魔力しか感じない。

一人になった小狼の電話に着信があった。相手はエリオル。さくらの新しいカードについて報告し、何か指示を受けている小狼。

知世がさくらの家にお泊りに来ていると、雪兎も今日泊まるらしく桃矢と一緒に帰ってくる。晩御飯は桃矢がお好み焼きを作る事になった。
ケロちゃんは桃矢のお好み焼きに大満足。知世はさくらのコスチュームを仕立てる。
コスチュームが完成し、さくらも喜んでいると、突如定番の撮影会を始める知世。
すると、さくらの部屋が白い異空間へと変わる。輝き出す鍵。さくらは出口を求めて手を伸ばすが、それに合わせて壁は遠ざかる。

エリオルがスマホを見つめている。さくらへの電話は出来ない「その時が来るまでは」と。

ゴムの様な白い空間で悪戦苦闘するさくらとケロちゃん。裁縫針で割ろうとする知世。
さくらは空間が割れると同時に呪文を唱え捕らえられていた空間をカードに変える。カードには『包囲 SIEGE』とあった。

翌朝の学校。小狼にさくらと知世が昨晩の事を報告する。封印した2枚のカードを見た小狼は同じだと感じる。一方絵の消えた『さくらカード』はそのままらしい。
チャイムが鳴り、一人になった小狼はエリオルとの情報交換で何かを知っているのか、事態の進展に不安を口にする。

どのクラブに入部届を出すかで盛り上がるクラス。さくらは、チアリーディング部に入るらしい。知世には、小狼が入るスポーツのクラブを応援できるからだと言われて赤面するさくら。
その時、突然雨が降り出す。雨は放課後まで降り止まず、さくらは知世と傘をさしての下校。小狼は何か用があるらしく一緒ではない。雨が激しくなり、歩くことも出来なくなった二人が雨宿りしていると鍵が光り出した。
異変に備えたさくらだったが、降り続く雨がロープの様に二人を拘束してしまう。
さくらが『疾風』のカードで拘束していた水を切ると、逃げ出した水のロープを『包囲』のカードを使って押さえ込み、その力の源を封印する。封印されたカードには『水源 AQUA』とあった。さくらの勇姿を撮影出来なかった事を嘆く知世。

さくらは、夜になって小狼に電話で今日の一件を話した。電話を切った後の小狼が机に目を向けると、あのクマのぬいぐるみと羅針盤。羅針盤には3つの光点がある。そして呟く「急がないと」。

バイト後にロッカールームで着替えている桃矢と雪兎。雪兎にさくらから今日の事を知らせるメールが入る。
雪兎の様子を見て、さくらからのメールだと察した桃矢。雪兎が存在し続ける為に、自分の魔力を雪兎に渡した桃矢だったが、新しくできることが増えたと話す。どんなことかと聞きたがる雪兎に、その時になればわかると言い残す。

エリオルからの連絡が無く、絵を失ったさくらカードを見つめるさくら。カード達を心配しながらも、また会えるように出来ることをしようと決意する。

学校でお昼のお弁当をみんなで食べながら、入るクラブ活動の話をしている。
そんな中で小狼だけはどこにも入らないと言う。何やら『やらなければならないこと』があり、その『手続き』や『揃えなければいけないもの』がたくさんあるらしい。

放課後にチアリーディング部の練習に参加しているさくら。顧問の先生にさすがと言わせるパフォーマンスを見せている。
靴紐が解け、結び直して立ち上がると、突然誰も居なくなっていた。

鍵を見ると、光を放っている。封印解除し、身構えるが反応がない。試しに『疾風』のカードで攻撃してみると、何かに弾き返された攻撃がさくらに向かって来た。攻撃をかわしたさくらは、おぼろに浮かぶ標的を攻撃するが見えない相手にかわされてしまう。さくらが、『水源』のカードで辺り一面に攻撃を仕掛けると『水源』の攻撃を弾き返す場所がある。相手の位置を捉えたさくらは、すぐさま封印してしまう。封印したカードは『反射 REFLECT』だった。

『水源』の水を頭から被ってしまいずぶ濡れになってしまったさくら。家に帰ったさくらは、父・藤隆に風呂に入った方が良いと言われ風呂場に向かうが、視界がグラりと揺れ意識を失う。目を開けると、そこには夢に出てきたローブの人物がいた。


と、まあ。これが「なかよし 12月号」までのお話です。
相変わらずエリオルは、全てを見通した上で裏で何やら画策しているようで、今回は小狼もエリオルと協調して何かの準備を進めているようです。
前の「カードキャプターさくら」では、小学生であるにも関わらず、気持ち悪いほどのマセた恋愛表現(主にエリオルですが)に違和感がタップリあったのですが、今回はあまり気になりませんね。
どうやら、クリアカード編は2018年にアニメ化も決定しているようです。

商売繁盛で喜ばしいところですが、xxxHOLiCの方ももう少し真面目に進めて欲しいものです。


電子書籍【BookLive!】





Amazon



関連記事