モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載第51回

2016.05.30 (Mon)
「おまえんとこの教授 どうしても これを使いたい所がありそうか」
「特には聞いていないが」
「誰からの預かりもんかは」
「学者仲間からだそうだ」
四月一日が鋭い目で箱に入った『竜の使いの卵』を見つめると、ぱしゃんと水音が返ってくる。
「これをうちの店で預かるかわりに
「以前から教授が写真みて欲しがってた
「幽霊画を渡すと交渉しろ」
四月一日の話を聞くとすぐに百目鬼が立ち上がる。
「おう 電話借りるぞ」
「いいのかよ こんな時間に」
「あのひとは平気で深夜でも、朝でもかけてくる」
百目鬼は電話に向かってすたすた歩いて行く。
電話に向かいながらもう一言四月一日に声をかける。
「あと もう一本持って来い 上から五番目くらいのやつ」
「図々しいな 相変わらず」

四月一日がワインのコルクを抜いていると百目鬼が返ってきた。
「幽霊画と根付と牡丹燈籠で手を打つ、と」
『ぐぬぬぬ』と唸りながら『キュポン』と線を抜き、
「そうきたか」
「見合わねぇか」
座った百目鬼のグラスにワインを注ぎながら、
「合ってる所が ほんとおまえん所の教授喰えねぇ」
「明日持ってけ」
「おう」
「これが『竜の使いの卵』だって教授に言っていいのか」
「おう 『これが何かを知りたい』ってのが願いだったからな
「信じる信じないは受けとり手次第 だ」
「確実に面白がりはするだろうな」
百目鬼が『竜の使いの卵』が入れられた箱に触れ、
「使うアテはあるのか」
「まだ はっきりとは分からねぇ けれど
「これも あの紅い真珠も
「この店に来た理由が必ずある」

別の日の昼間、四月一日が縁側に腰を掛けていると、ミセの塀を乗り越えて庭に降り立つ女。
「こんにちはー」
「久しぶりだな猫娘」
「ちょっと、別の町にいってたからね」
四月一日は猫娘のアゴの裏を撫でる。
「情報探しで?」
「うん」
猫娘が四月一日の膝に顔をうずめて『ごろごろ』いいながら撫でられ続ける。
「なでるのうまくなったねー 店主代理」
「そうかい」
「くやしいけどきもちいいー」
『ごろにゃぁ~ん』と四月一日に手なづけられる猫娘であった。


「ホリック 戻」第51回でした。
「竜の使いの卵」を確保した四月一日です。
四月一日に手なづけられた猫娘は、どんな情報をもたらすんでしょうね。

いよいよ来たかという感じで、6月3日発売の「なかよし 7月号」から「カードキャプターさくら クリアカード編」の新連載が始まります。桜は中学1年生だそうです。
「なかよし」は手が伸ばしにくいなぁ。まあ購入するとしたら電子書籍ですね。


電子書籍【BookLive!】

×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 1巻
ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 2巻
なかよし 2016年7月号

Amazon
×××HOLiC・戻(1)
×××HOLiC・戻(2)
×××HOLiC・戻(3)
関連記事