モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.17-1

2016.01.21 (Thu)
御嶽の外で神樹に攻撃を仕掛ける黒鋼。
しかし、黒鋼の攻撃は防壁に遮られ神樹には届かない。
「何がなんでも 通さねぇつもりかよ!」

黒鋼の姿を見てモコナがファイに呼びかける。
「ファイ!」
「ごめんね オレの魔法も通じない
 やらなくても分かるのも情けないけど・・・
 オレ達では 何をしても
 この中に入る事は出来ない」
「じゃあ・・・」
泣きながらモコナが問いかける。
「全部 終わるのを待つしかないの!?」


御嶽の中。二人の小狼が死闘を繰り広げている。
一撃の後、二人の距離がわずかに開く。
その時、御嶽の声が告げる。
「これでは いつまで経っても同じ
 告げた筈だ『その全てを用いて闘う』と
 その身に宿る力は
 それだけではないだろう」

自らの手を見つめ何かに気付く小狼。
「・・・今
 おれの目の前にいる小狼は
 『何時』の小狼なんだ
 おれと初めて直接会った時か
 どこかの世界にいた時か
 最後に・・・ 別れた時か

 『魔力』を持っていた時の小狼なのか」

もう一人の小狼が告げる。
「・・・何時だとしても
 持てる全てで戦わなければ終わらない」

「雷帝・・・」
小狼の指先に魔力が集まっていく。
「招来・・・!!」
小狼の放った稲妻がもう一人の小狼を貫き吹き飛ばす。
「小狼!!」
為す術もなく吹き飛ばされた、もう一人の自分に駆け寄ろうとする小狼。
「まだ・・・だ」
立ち上げろうと身を起こしながら小狼を留める。
「終わってない」
その姿を見て呆然とする小狼。
「・・・小狼・・・」
ふらつきながらも立ち上がって小狼に告げる。
「言っただろう
 どんな結末になっても・・・
 誰がどう思おうとも・・・
 おれは信じる
 選んだ道は
 ・・・正しいと!!」

改めてその決意を知らされ、涙を堪え絶叫と共に再び雷撃を放つ。
「あああああ」


Chapitre.17「全ての力を用いて」前半終了です。後半は後ほど。


Amazon

×××HOLiC・戻(1)
×××HOLiC・戻(2)
×××HOLiC・戻(3)

電子書籍【BookLive!】




×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻
関連記事