モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.14-2

2015.10.21 (Wed)
『生まれ変わり』『神の代行者』・・・聞いた小狼は両手を握りしめる。

「そんなこと
 おれに出来る筈がない・・・
 出来るなら
 君尋がずっと待っているひとを・・・
 小狼とさくらを
 とっくに取り戻してる!!

もう一人の小狼が、小狼のきつく握られた両手を手にとる。
「・・・選ばれたんだ
 『黄泉に触れた者』
 ニライカナイの異変を変えられる者として」

「姫神も言っていた 異変って何なんだ!?」

「・・・ニライカナイには長くユタが現れなかった
 死と生の狭間に触れ
 尚且つ そこから戻ったもの
 それだけでも極 稀だろうに
 ユタには『力』が必要だ」


夕食後の食器を盆に乗せてミセの廊下を歩く四月一日。
「!!」
突然の異変に食器を落とし膝をつく。
「なんだ・・・ 胸が」
朦朧とする意識の中、その目にはもう一人の自分と対峙する小狼の姿が映る。
「小狼!?」


夢の世界で今を見守る姫神とサクラ。
サクラに姫神が語りかける。
「小狼達が最初についたニライカナイは 生者の場
 そして
 今いるニライカナイは 死者の場
 生と死は隣り合わせ
 けれど 決して交じり合うことはない
 生者は死者の場にいけないし
 死者は生者の場には入れない
 それが理だった
 けれど それが崩れ始めている
 ユタになれるものは稀だ
 そして本当に長い間ニライカナイにユタは現れなかった
 何度 季節が巡っても
 姫神が何度入れ替わっても
 死者はずっと死者のまま
 ニライカナイに還れなかった」

小狼が疑問を口にする。
「待ってくれ
 表のニライカナイにひとはいた
 もし 長く生まれ変わっていないなら
 あのひと達は」
「殆どが姫神の加護と地の利から移り住んできた者達だ」

姫神が死者を語る。
「・・・還りたい
 生のニライカナイへ
 その想いが
 交わらない筈のふたつの世界の境界を溶かし始めた」

小狼にだけ視えた表のニライカナイに溢れ出てくる黒い霧。小狼がもう一人の小狼に問う。
「なら・・・ あれは・・・」
「侵食してきた死のニライカナイを視たんだろう ユタの眼で」
「・・・だから おれに視えているものと みんなに視えているものが違ったのか」
「ニライカナイは生者の為の場であり
 死者の為の『根の国』でもある
 けれど 今は 死者の願いのほうがあまりにも強い
 このままでは・・・
 ・・・死者の想いに覆い尽くされて
 ふたつのニライカナイは融け合って『根の国』になる」
「それは・・・ 死者だけの国になるということか」

その前に 選べ


Chapitre.14 「表と裏」終了です。
小狼が選ぶということは、何かを捨てるということになるんですかね?
究極の選択ということなんでしょう。

電子書籍【BookLive!】




×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻

Amazon

×××HOLiC・戻(1)
×××HOLiC・戻(2)
×××HOLiC・戻(3)
関連記事