モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.13-1

2015.09.19 (Sat)
御嶽に迎え入れられた小狼。
静けさが染みいるその場所で
何が待っているのか・・・。


大きな岩の上にうつ伏せに横たわっている小狼。

小狼の目が開く。
身体を起こし辺りを見回す。
「傷が傷まない・・・
 ・・・出血が・・・止まってる
 風もない・・・
 何も動いていない
 まさかここには
 時間というものがない」

何者かの気配を感じ、小狼が振り返る。
そこには、もう一人の小狼が立っていた。

「・・・小狼・・・」
「夢じゃ・・・ ないんだな」
「ああ ここは夢の中とは違う 御嶽の中だ」
歩み寄っていく小狼。
「本当に
 ・・・本当に・・・
 居るんだな
 今 ここに」
「居る という事がどういう意味なのかによるけど」
もうひとりの自分に手を伸ばす小狼。
そして、激しく抱きつく。
「・・・会えた・・・ また」


「ここが御嶽の中なんですね!」
小狼と共に神樹に入った女がキョロキョロと見回しながら近づいてきた。
「良かった あの子も中に入れたんだな」
「・・・そう望んだから」
「え?」
意外な言葉に写身の顔を見る。

「やはり貴方は『セジ』をお持ちなんですね!」

「小狼 『セジ』って何のことか分かるか? あとユタのことを・・・」
ここまで口にして、今何を聞かなければならないかを思い直し首をふる小狼。
「ああ 違う
 何故
 ・・・ここにいるんだ・・・」

「あの・・・ どなたと話してらっしゃるんですか」
彼女にはもうひとりの小狼が見えていない。
思わず小狼は彼を振り返る。


Chapitre.13 「再会」の1回目でした。
とうとう写身の小狼が出て来ました。
ここからがクライマックスというところでしょうか。

単行本の第2巻が10月16日に発売されます。お馴染みの特装版にはBD版の「春雷記」が付いてきます。


電子書籍【BookLive!】



×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻

Amazon
BD付き ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(2)特装版


ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編(2) 通常版

×××HOLiC・戻(1)
×××HOLiC・戻(2)
×××HOLiC・戻(3)
関連記事