モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

xxxHOLiC・戻<レイ> 連載第44回

2015.09.07 (Mon)
「うーん ここんとこ雨が振らねぇせいか ちとへたっちまってるなぁ」
四月一日は、ミセの庭に出て庭木の具合を気にしている。
「水やり・・・は」
と考えていた四月一日が振り返り。
「しなくていいみたいですね」
突然の『ざあぁぁぁ』という雨を連れて雨童女が庭に入ってきた。
「ちょっと 私をジョウロの代わりにしないでちょうだい」
「してませんよ でも手間が省けて有難いのは確かですが」
「庭木の水やりの手間、省くために来たんじゃないわよ」
ぷんすかしながらもずんずん四月一日に近づいてくる。
「では 何用で?」
雨童女は真顔になって
「依頼に来たわ 店主代理」


ミセの座敷に場を移した雨童女と四月一日。
雨童女の前には、四月一日が点てた茶と上品な茶菓子が出されている。
しかし、盆が置かれているのは畳の上ではなく妙なストライプが。
「やっぱー 簀の子の上!!」
「いや、お気に入りなのかと」
「気にいってないわよ!」
怒鳴る雨童女の前をモコナが『とてとて』と無駄に動き回っている。
「どけましょうか」
「このままでいいわよ!」
モコナが『ぷーくくく』と笑いをこらえながら
「気にいってる 気にいってる」
途端に雨童女に『ぎっ』と睨まれたモコナは『とてて~』と四月一日の後ろに逃げ出す。
「ひゃー」

四月一日が出した茶に手をつけて
「お茶はまぁまぁよ 相変わらず」
「恐れいります」
そんなやり取りをモコナは、四月一日の後ろに隠れながら、ちらちら覗き見ている。

「・・・八百比丘尼が来たそうね」
「どこでそれを」
「女郎蜘蛛よ ご機嫌でやってきて散々話して、飲んで帰ったわ」
その時の様子を思い出して不機嫌そうに話す雨童女。

「・・・紅い真珠を手にいれたんでしょう」
「だとしたら」
「譲って頂戴」

「・・・あのひとはもう 紅い真珠をつくれないだろうと 女郎蜘蛛は言っていました」
「でしょうね 女郎蜘蛛がさせないでしょう 魂を削ってまで泣くなんて」
「おれの手元に紅い真珠はひとつしかありません」
「ええ そして、きっともう手に入らないでしょうね」

「八百比丘尼は人魚の肉を食べた人間のこと
 今の世でひとが人魚に逢うことじたい、稀・・・
 いえ 皆無だわ」
「だとしたら尚更 あの紅い真珠への対価は」
「とてつもなく重く 大きいでしょうね
 でも必要なのよ」
「何の為に と聞いても?」
「座敷童が消えない為に」
驚愕する四月一日
「座敷童に・・・ 何があったんですか」
「言えないわ」
「おれに出来る事は」
「ないわ」
「会えば何か」
「分かるでしょうね
 でも、あの子が嫌だと言っているの
 四月一日 貴方にだけは 今、逢いたくないと」

「紅い真珠があれば・・・ 座敷童は消えないんですか」
「絶対とはいえない どんなことにも絶対はない
 でも 可能性があるなら手に入れる
 出来る事があるならやるわ
 だから 譲って頂戴
 対価は覚悟の上よ」


ホリック戻 連載第44回でした。
てっきり琥珀の話に行くのかと思ったら、座敷童の消滅危機という大きな話になってしまいました。
そういえば、戻になってから座敷童は登場していませんね。
あれ・・・?籠以降出てない?
菊酒作った時も直接は出て来てないし・・・。

今回のセリフにあるように、やっぱり戻の舞台は、時系列的に店主代理と言っていた時期なんですねぇ。
籠のサイドストーリーというところですね。というか、ホリックでは描かれていた籠の期間を「ツバサ ニライカナイ編」として描くために追加したんでしょうかね。

電子書籍【BookLive!】
×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻
ツバサ -WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 1巻

Amazon
×××HOLiC・戻(1)
×××HOLiC・戻(2)
×××HOLiC・戻(3)
関連記事