モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.9-2

2015.04.21 (Tue)
・・・『御嶽で待ってる』と

御嶽という言葉を聞いた女が、
「やっぱり御嶽の場所をご存知なんですね!?」
小狼も女に聞く、
「御嶽がどこにあるか知っているのか」
「貴方が知っているのでしょう!?」
「本当に知らないんだ それに さっき言っていた『神の力』とは何だ?」
「貴方がお持ちの力です!」

女の言葉が分からないままに、ふたりのやりとりを見ていたファイが、
「どうしたの?」
「話が咬み合わない おれに『神の力』があると言っている」
意外な言葉に黒鋼も、
「なんだ そりゃ」
「御嶽の場所もおれが知っている筈だと」
モコナもわけが分からず、
「知ってるの?」
「言葉じたい初めて聞いた
 ・・・・・・
 姫神の言っていた おれが『黄泉に触れ戻ってきたもの』だからか
 だとしても 視えるものが違うだけで それ以外は・・・」

姫神の事を聞いた女が明るい表情になり、
「姫神様にお会いになったんですね!」
「あ ああ」
「変わらずお元気でしたか!?」
「だと思ったが」
「相変わらず お美しい金の髪でしたか!?」
「え?」

またも妙な雰囲気にモコナが、
「どうしたの?」
「姫神のことも聞かれたんだが 相変わらず金の髪だったかと」
「姫神様 綺麗な黒髪だったよ」
「・・・おれにも そう視えた だったら」
ファイも不思議に思い、
「オレ達があった姫神様と ここの姫神様は別なのかな」
「姫神は 裏と表 ふたりいるのか?」
「姫神様は いつの世もおひとりです!」
「でも おれ達があった姫神は・・・」

その時、突如小狼達の上空から叫びに似た鳴き声が響く。
『キャアアアア』


今日はここまでです。続きはまた明日ですね。

今回は妙な事になっているような気がします。
裏の住人に『表』だの『裏』だのって普通に話しているけど、そもそも普通の住人が表と裏があるなんて知らないんじゃない?


BD付き ツバサ‐WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(1)限定版


通常版



電子書籍【BookLive!】





×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻
関連記事