モコナがタチコマを作ったら

メインはホリックとツバサ。その他CLAMP作品・攻殻機動隊などなどアニメや漫画の事をつれづれなるままに。ネタバレ発言も多々、お気をつけを。

スポンサードリンク

ツバサ-WoRLD CHRoNiCLE- ニライカナイ編 Chapitre.9-1

2015.04.20 (Mon)
玖楼国の王宮で話をする桃矢と雪兎。

「・・・小僧達は別の世界で また問題に巻き込まれてるのか」
「うん・・・ 夢で逢えた子に教えてもらったって言ってたよ」
「あいつら 着いた世界で何もないほうが少ないだろう」
「みんな優しいから 自分達に出来る事があるならと関わってしまうんだと思うよ」
「それにしても 関わった殆どの世界で大なり小なり怪我してるじゃないか」
軽く笑いながら、雪兎が
「桃矢も優しいね」
むっとした表情をつくる桃矢
「どこが」
「小狼くん達の事 心配してる」
桃矢は顔をそむけて
「あいつらに何かあったら桜が泣く それが気に食わんだけだ」
雪兎はさらににこにこ笑みを浮かべる
「そういうことにしておこうか」

「・・・小僧達が今いるのはどんな世界なのか分かるか」
「・・・ニライカナイ そこでは 『死者に逢える』そうだよ」
「・・・・・・・・・」

「・・・死者に逢うことはあいつらにとって幸なことなのか それとも・・・」
「わからない けれど・・・ それが もし忌むべきことでも それでも逢いたいひともいると思うよ」


ふたりの小狼だけが存在する闇に包まれた世界。
遠ざかっていくもうひとりの小狼を追いかける小狼。
「待ってくれ! おれは それが何処か分からない! おれは そこで何をすればいい!?」
離れていく相手に更に呼びかける小狼。
「小狼!!」

気を失いファイに支えている小狼が目を覚ます。
ファイの肩にのったモコナが声をかける。
「小狼・・・!」
「・・・小狼に ・・・逢った」
「!!」
旅の目的に直結する話に張り詰めるファイ達。
黒鋼が小狼に、
「・・・気を失っている間か」
「・・・ああ」
「『夢の中』でってやつか」
「おれは夢見じゃない けれど おれと 小狼と 君尋は 『同じ』だ」
ファイは魔術師の感覚から、
「・・・だからこそ視られるものもあるね」
モコナもファイの肩から小狼に尋ねる。
「小狼 何か言ってた?」

・・・『御嶽で待ってる』と



連載9回目です。サブタイトルが『御嶽で待つ』ですね。
今日はここまでにしておきます。続きは明日にでも書く予定です。

しかし、死者に逢えるって事は、侑子にも逢える?飛王やクロウ・リードにも・・・?
まさかね。


BD付き ツバサ‐WoRLD CHRoNiCLE-ニライカナイ編(1)限定版


通常版



電子書籍【BookLive!】





×××HOLiC・戻 1巻
×××HOLiC・戻 2巻
×××HOLiC・戻 3巻
関連記事